ドローントレーニングセンターけいはんな について

1.関西文化学術研究都市

「ドローントレーニングセンターけいはんな」は、京都(けい)・大阪(はん)・奈良(な)と、三都市にまたがる”関西文化学術研究都市”を活動の中心とし、JUIDA認定の無人航空機のパイロット養成講座を通じて、ドローンの安全運用の普及活動を幅広い業種の皆様に実施して参りました。

公的研究機関や企業の研究施設が立ち並ぶ街の中央に立地する「JUIDA ATRけいはんな試験飛行場」での飛行訓練、「けいはんなプラザ」での座学、「けいはんなプラザホテル」でのご宿泊など、個人様はもちろん、企業様研修にも、快適にご利用頂ける環境をご用意致しております。
最近では全天候に対応可能な近鉄スポーツセンターや、奈良市内の契約飛行場などもご利用頂けるようになりました。

産業分野でも、今後、ますます、必要となってくるであろうドローンの導入、運用についての正しい知識と技術を、しっかり学べるドローントレーニングセンターの講習を是非、ご利用下さい。

2017年3月には「けいはんな学研都市MICE推進パンフレット」の空撮を、また、2017年10月26日27日に開催された「ATRオープンハウス 2017」では、来場者150人の前でデモフライトを担当させて頂きました。


2.トレーニング方法

「こんなに飛ばすとは思わなかった!」と受講生から喜び?の悲鳴が。ちょっとした気づきで飛躍的に上達するのが面白い!

上達速度アップのためには、充分な飛行時間が必要であると考え、1人1台の専用ドローンを確保した上で、講師によるマンツーマン指導スタイルを採用しています。実際に毎日、ドローンに触れ、飛ばして頂く反復練習で全ての方に8の字飛行まで達成して頂いています。

 

            カン・コツからの脱却                                         短期集中型技能講習

一部上場・中小企業様、地方自治体、学校関係者様、個人様など、多くの講習実績の指導経験から、全ての操作の意味と目的を考え、客観的表現を用い、カン・コツからの脱却を目指しています。

時間を最大限に活用し、JUIDAの規定を遵守したカリキュラムを、3日間(午前は座学・午後から実技)で集中して、取り組んで頂くことで、『操縦技能証明証』、『安全運航管理者証』を同時に取得できるセットプランで提供。

 

             練習用トイドローン

特典として、お申込み頂きました全受講生に、トイドローン(練習機)をお送りし、事前にご自宅でのホバリング・トレーニング等の実施を推奨しております。