無人航空機操縦士コースに含まれる 目視外飛行 夜間飛行 物件投下 

無人航空機操縦士コースに含まれる 目視外飛行 夜間飛行 物件投下  

目視外飛行、夜間飛行 物件投下の飛行練習は航空法違反になるため許可なく屋外ではできません。確実に飛行時間をクリアするためには屋内を使った実習が必要になります。

  • 航空法違反にならないために体育館で行います。

  • 会場 近鉄スポーツセンター体育館 奈良市尼辻北町10-1

  • 独自の練習テキストにより効率良く安全に飛行できる方法を習得できます。 

  • ドローンの目視外飛行、夜間飛行、物件投下に自信が持てます

  • 本格的な機体や設備を使います

    目視外飛行、夜間飛行には Phantom3 を 物件投下には Tarrot TL850(ヘキサコプター)を使用します