農薬散布申請

Q:ドローンで農薬散布を行うためには、特定の団体を通じて申請を行わなければいけないのでしょうか?

A:その必要はありません。
令和元年7月30日に無人航空機による農薬等の空中散布について規定していた技術指導指針(農林水産省通知)を廃止し、農林水産航空協会による機体・飛行させる者の認定や、それに基づく申請の仕組みは廃止されました。これは、国土交通省への飛行承認申請は、個々人からの申請のほか、機体メーカーや販売代理店等による代行申請でも可能であることを明確にするためのものです。

Q:ドローンで農薬散布を行うために必要な資格はありますか?

A:必須となる特定団体の資格(免許・ライセンス)はありません。ただし、飛行の承認に当たって一定の技能・飛行経歴が必要とされており、こうした技能について、民間団体で講習を受けることが可能です。なお、国土交通省HPに掲載された講習団体等の技能認定を取得することで、許可・承認申請書類の一部を省略することが可能です。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/drone.html
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/pdf/nouyakusannpu.pdf

上記については 規制改革推進会議の指摘により明確にされたものです。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/publication/opinion2/301108-2honkaigi.pdf