JUIDA認定 操縦技能・安全運航管理者 3日間コース

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定する操縦技能証明 安全運航管理者証明を取得するコースです。全国で4000人を超える方が取得している日本最大規模のライセンスです。

難波から快速電車で30分。無人航空機の基礎から運用まで正しい知識と技能を基にしたJUIDA認定スクールカリキュラムをお届け致します。企業研修としてもご利用下さい

JUIDA認定スクール 講習日程  
2018年9月度の開講スケジュール

平日コース(第22期)
【受講期間】 9月5日(水)6日(木)7日(金)
【受講時間】 9:00~17:00    開催決定/募集中
平日コース(第23期)
【受講期間】 9月25日(火)26日(水)27日(木)
【受講時間】 9:00~17:00    受付開始
2018年10月度の開講スケジュール

週末コース(第24期)
【受講期間】 10月12日(金)13日(土)14日(日)
【受講時間】  9:00~17:00   開催決定/募集中
平日コース(第25期)
【受講期間】 10月30日(火)31日(水)11月1日(木)
【受講時間】  9:00~17:00    受付開始

 

JUIDA認定『操縦技能証明書』『安全運航管理証明書』取得コース 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)では2015年10月より無人航空機(ドローン)の操縦士及び安全運航管理者養成スクールの認定制度を開始しております。  

1.無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有するJUIDA認定「無人航空機操縦士」養成講習
2.無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し飛行業務の安全を管理するJUIDA認定「安全運航管理者」養成講習

受講資格 20歳以上でJUIDA認定の無人操縦技能証明書、安全運航管理証明書取得を希望される方
未経験者可、初心者可
目的 1.ドローンビジネスの実務において、運航管理責任者及びドローンパイロットに求められる運用に関する知識や利活用に関する実技(機体点検・操縦・撮影)を習得する。
2.無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得する。
内容 JUIDA認定「無人航空機操縦士」及び、「安全運航管理者」の同時取得にプラスして、夜間飛行・目視外飛行・物件投下の「技能認証」を取得。また、近い将来、主流になるであろう自動航行プログラミング講習の強化スクールです。
トレーニング・メソッド 当スクールの飛行練習の方法はカン、コツからの脱却を目指し、多くのバリエーションの飛行を短時間ずつ繰り返して行い、短期間で最大の効果を生み出せるよう考案されています。
国土交通省
講習団体
国土交通省の講習団体として講習修了時に「技能認証」を発行致します。当スクールの修了生は、2018年4月2日よりスタートしたオンラインでの国土交通省への飛行許可承認申請の際は「HP掲載団体技能認証あり」を選択して下さい。質問や、飛行時間等の入力項目の一部が省略できます。
日数 3日間(平日コースまたは土日コースをご利用ください)
午前:座学     午後:実技 ドローンの飛行練習は毎日、実施します。
時間 9時~17時 (昼休憩1時間)
会場 ・体育館/野外飛行場
けいはんなプラザ
JUIDA ATRけいはんな試験飛行場
難波から快速電車で30分。近鉄「大和西大寺」駅下車徒歩10分。駅から無料送迎有り。駐車場有。尚、会場は
天候や人数により変更になる場合があります。
人数 少人数制マンツーマン指導につき、最少1名から通常は2、3名、最大4名位迄で実施。
講師 JUIDA認定講師、DJIスペシャリスト
教材 JUIDA指定テキスト
機材 PHANTOM3、MAVIC PRO、物件投下には、Tarrot TL850 (ヘキサコプター)
操作モード プロポの操作についてはグローバルな視点と操縦のし易さからMODE2を推奨しています。経験者でMODE1をお使いの方はそのままMODE1で受講いただけます。変更を強制することはありません。
装備 安全運航のため講習中はこちらで用意したヘルメット、ビブスの着用をお願いしております。
カリキュラム ・国土交通省及びJUIDAの規定を遵守した講習を実施します。
・座学6h以上
・概論 ・ 法律 ・ 気象 ・ 技術 ・ 運用 ・ 点検整備 ・ 安全管理 ・ リスク管理
・実技10h以上
・手動操縦・GPS有り・GPS無し
・安全運航管理 3h以上
・目視外飛行・夜間飛行・物件投下飛行
*7月より新カリキュラム 自動航行プログラミング講習実施。
目視外飛行
夜間飛行
物件投下
国土交通省への飛行許可承認申請において訓練実績として認められる夜間飛行・目視外飛行、物件投下の実技講習を実施します。
修了試験 筆記試験、操縦技能修了試験の両方に合格すること (不合格の場合は、再教育及び再試験有り)
ライセンス 受講料にJUIDAへの申請費用は含まれておりませんので、ご注意下さい。
       ⇒ JUIDAのライセンス取得までの流れ はこちらでご確認下さい。
資格取得者数 JUIDA無人航空機操縦技能証明書 74名・JUIDA安全運航管理証明書 74名 <2018年8月現在>
修了生対象 修了生へのフォローアップ講習 
受講料 220,000円(税別)
無人航空機操縦士200,000円(税別)+ 安全運航管理者20,000円(税別)のセットプラン。

厚生労働省人材開発支援助成金については各県労働局にご確認の上ご活用ください。当スクールでも一部の受講生が申請、受理されております。詳細は労働局へ。
【受講料に含まれるもの】
屋内練習用トイドローン(希望者全員)  JUIDAテキスト  機体レンタル料  修了試験料  再試験料
ご質問 Q&A もご参照下さい。
無料説明会 無料説明会 を実施していますので、ご希望の方は予約の上、お越し下さい。
お問い合わせ 0742-93-7161   ご質問は、お問い合わせ より。

 座学講習

無人航空機の飛行を行う上で必要な航空法などの法律の知識や天候の変化に対応するための気象学、歴史、操縦技術、運用、点検整備、安全管理など、幅広い分野からドローンの操縦や安全運航管理の正しい知識を学びます。

 屋内実技

無人航空機の操縦方法は、安定した離着陸、ホバリング(空中で静止した状態をなるべく長く保つ操作)や、ラダー(機首を左右に転回させる)を操作するなど、様々な基本操縦があります。まずは、天候や強い風の影響の無い屋内で、基本をしっかり、身に着ける練習をします。

実技講習

屋内で基本の飛行操縦方法を覚えたら、次は屋外での飛行訓練です。風速の計測や、天候の変化、微妙な機体のバランスなど、体で覚えながら、実践を重ね、ドローンパイロットとして安全な操縦ができるよう繰り返し練習します。


「こんなに飛ばすとは思わなかった!」と受講生から喜び?の悲鳴が。ちょっとした気づきで飛躍的に向上します。
受講生の技量に合わせて効率良く指導しますので上達の早い方は6時間ほどで’8の字飛行’も可能になります。


JUIDA認定 操縦技能・安全運航管理 3日間コース 申込み
受講日 選択(必須)
お名前 (必須)
フリガナ (必須)
メールアドレス (必須)受信できるアドレスをご記入ください。
貴社名
電話番号 (必須)
(必須)
住所 (必須)
トイドローンはご希望ですか? (必須) 必要無し送付希望
スティックMODE (必須) MODE2MODE1分からない
ご希望など

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい

お送りいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。